アドミッション・ポリシー|大阪大学大学院高等司法研究科(法科大学院)
TOPページ > 現在のページ

アドミッション・ポリシー

 大阪大学のアドミッション・ポリシーのもとに、本研究科は、法科大学院制度の理念及び本研究科の理念に共感し、教員や同級生とともに研鑽を積む学生を求めています。具体的には、以下の能力を備えた受験生を、選抜試験を通して入学させます。

  1. 柔軟な発想のもとに「考える」という論理的プロセスを受け入れることができる
  2. 自らが設定する課題を探求しようとする意欲を持っている
  3. 厳格な成績評価・修了認定に耐えるだけの努力能力を持っている
  4. 法学既修者コースについて、法学の基礎的な学識を既に修得している
  5. 法学未修者コースについて、法学以外の専門知識を十分に修得し、または、社会において多様な知識を獲得し、経験を積んでいる

 

以上の能力の有無を判定するために、以下の選抜試験を行います。

  1. 法学既修者コース
    一般選抜試験(法学既修者コース)を実施します。一次選抜として、学部の成績・志望理由書・適性試験の点数等による書類選考を行い、その合格者に対して、憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法の論述式試験を課しています。
  2. 法学未修者コース
    一般選抜(法学未修者コース)と社会人や他学部・他学科卒業生を対象とする特別選抜を実施します。一般選抜(法学既修者コース)と同様の書類選考による一次選抜の合格者に対して、一般選抜(法学未修者コース)では小論文試験を、特別選抜では口述試験をそれぞれ課しています。小論文試験も口述試験も法律知識を問うものではありません。
  3. 併願
    一般選抜の法学既修者コースと法学未修者コースは併願できます。また、一般選抜と特別選抜も併願できます。
▲ PAGE TOP