TOPページ > 現在のページ

司法試験結果

2021年の司法試験の結果について(高等司法研究科長 水谷規男)

 2021年9月7日に2021年の司法試験の合格発表がありました。本年度は、全体で受験者は、3,424人で、そのうち短答式試験の合格者が2,672人、最終合格者が1,421人(合格率41.50%)という結果でした(法科大学院修了の合格者は、1047人、合格率は34.62%)。高等司法研究科の修了生は、115人が受験、短答式試験の合格者94人(短答式の合格率81.74%)、最終合格者47人(合格率40.87%)という結果でした。この結果は、合格者数(昨年34人)、合格率(昨年37.78%)ともに昨年を上回るものでした。また、特筆するべきは、直近修了年度(令和2年度)の修了生の合格率が2年続けて50%を超えたことです。ただ、逆に4年目、5年目の受験者に合格者がありませんでした。既修者と未修者の合格率の差も依然として大きいままです(既修者の合格率が54.67%であるのに対して、未修者の合格率は15.00%)。この結果をさらに分析し、今後の在学生や修了生に対する支援に繋げていきたいと考えています。
 今年は、短答式では当面の目標であった合格率80%を超えました。しかし最終合格率では40%を超えたところにとどまっていますから、トップ・ロースクールとの差は、まだまだあると実感しています。今年の結果を教訓に、上位校に肩を並べられるよう努めてゆきます。
 合格された方には、心から御祝い申し上げます。今後の活躍をお祈りします。本研究科で身につけた基礎のうえに、さらに研鑽を積んで、よき法曹になってください。
 本研究科は、残念ながら不首尾に終わった修了生に対しても支援を行っています。悩み・迷いがあるときは、いつでも相談してください。
 最後になりましたが、本研究科の学生・修了生を御支援いただいた皆様に篤く御礼申し上げます。
 今後とも御支援のほどお願い申し上げます。

2021年司法試験結果
受験者数 115人
短答合格者数 94人
最終合格者数 47人
最終合格者数・受験者合格率の推移
試験年度 最終合格者数(人) 受験者合格率(%)
令和3年[2021] 47 40.9
令和2年[2020] 34 37.8
令和1年[2019] 46 41.1
平成30年[2018] 50 37.6
平成29年[2017] 66 40.7
平成28年[2016] 42 26.8
平成27年[2015] 48 29.1
平成26年[2014] 55 40.1
平成25年[2013] 51 36.4
平成24年[2012] 74 41.8
平成23年[2011] 49 28.7
平成22年[2010] 70 38.9
平成21年[2009] 52 33.5
平成20年[2008] 49 38.6
平成19年[2007] 32 43.8
平成18年[2006] 10 47.6
累積合格率(合格者/累積受験者実数)
累積受験者実数 1149人
累積合格者数*¹ 775人
累積合格率 67.45%

*1.修了生で、旧司法試験又は予備試験合格資格により司法試験に合格した者を除く。

 

▲ PAGE TOP