TOPページ法科大学院紹介 > 現在のページ

教員からのメッセージ

よき法曹になるために

松本 和彦 教授

 皆さんが法科大学院に進学(しようと)する動機は法曹になること、直接的には、司法試験に合格して法曹資格を得ること、にあると思います。しかし、なぜ法曹になりたいのかと問われたら、世の中の弱者を助けたい、人から尊敬される職に就きたい、経済的に恵まれた生活を送りたい、両親の期待に応えたい等の様々な答えが返ってくるのではないかと想像します。法曹を目指す理由は人それぞれであり、多少利己的なものであっても必ずしも咎められません。

 ただ志望理由がどうあれ、法曹になれば職業上必ず求められることがあります。それは公共に尽くすことです。法曹は自分のためではなく、他人のために仕事をしなければなりません。他人の相談に乗り、他人に助言し、他人の紛争を解決することが仕事になります。法律の知識や弁論・文書作成の技能も他人の役に立たなければ無意味です。皆さんにも、法曹への道が公共への奉仕につながっていることを理解して、法科大学院で学んでいただきたいと願っています。

「学びの場」の意義

水谷 規男 教授

 「法曹は社会生活の医師」であると言われます。人が困ったことやもめごとが起こったときに頼ることができる専門家だからです。他者から頼られる専門家にはいくつかの条件があります。当然、専門家としての高度な知識と技能を身につけていなければなりませんが、それだけでは足りません。当事者が抱えている問題を的確にとらえること、その前提として人の話を丁寧に聞く姿勢を持てること、そして問題解決を委ねるに足りる人格を持っていることです。

 知識を獲得することだけが目的であれば、「学びの場」よりも、より多くの情報が獲得できる手段さえあればよく、法科大学院を経なくても法曹になれると考えている人もあるかもしれません。しかし、よき法曹となるために求められる能力と資質は、他者との関係性の中で磨かれるものです。高等司法研究科は、少人数教育と学習支援の取組を通した学生と教員との密接な関係、学生同士の切磋琢磨、すでに社会の中で活躍している先輩法曹による支援などを通して、知識の獲得に留まらない、質の高い「学びの場」を提供します。私たち教員は、法曹を志す意欲を持った皆さんの入学を待っています。

▲ PAGE TOP